HTTPSってなんぞ?SSLってなんぞ??ド素人が優しく教えてもらったので優しく教えます!

2017年6月18日Web全般

久しぶりの更新で、いきなりワケのわからないアルファベットをタイトルに入れてみました。

や、もうわかったんですけどね、意味。

そのままなんですが、今回はインターネットのお話。
最近よく、PCでもスマホでもネットを見てたら、URLのトコロに鍵マークがあるサイトが増えてきましたよね??
で、URLが、今までは「http://~」だったのに、「https://~」となっているサイトが多い。

これ、なんだろう??と思って色々詳しい人(PCオタクの旦那w)に聞いてみました!
私みたいな素人が「ほ~、なるほど!」と理解できるように、優しく教えてくれたので、それをそのまま同じレベルの方がいたらお伝えできればと思いまっす!

では、いきましょう!!

SSLとか、HTTPSってなんなの!?

SSLとは、「Secure Sockets Layer」の略で、サーバーとPCの間の通信プロトコルというものです。
通信プロトコル?は?って、私はなりました。最初に旦那にそう説明された時、殺意が芽生えました。いやいやいやいや、素人に専門用語を説明する為に、専門用語使ってどうするんだ、と。

イラっとした私の気配に気づいたのかすぐにわかりやすい例えをしてくれましたがwww

通信プロトコルというのは、通信する為の規約というもので、人間で例えると言語みたいなものです。
日本人同士なら、日本語でコミュニケーションが取れますよね?でも、アメリカの方と話そうと思うと、英語ができないとコミュニケーションが取れない。
他にも様々な国の人と話そうと思うと、色々な言語があり、それらを使い分ける事でコミュニケーションを取ります。
んで、インターネット上でサイト等を見るというのは、WebサーバーとPCの通信なので、そこのコミュニケーションを取る方法、という事です。

「インターネット上でサイト等を見る」まずここを私も理解してなかったのですが、絵で見るとこんなカンジです。

サーバー・クライアント通信のイメージ図んで暗号化する必要性あるの??と。で、暗号化てなんぢゃい、と。

なぜ必要か、というのは、人と人でもそうですが、大事な会話を他人に盗み聞きされると困りますよね?例えばAさんとBさんが、Cさんの悪口を話してて、その会話をDさんが盗み聞きしてて、後日Cさんにそれを伝えたとしたらもう・・・だから、他の人に聞かれたくないような会話は、小さめの声で話したりとか、お互いだけが意味のわかるようなサインや例えなどを用いて話したりしますよね。それが、暗号化です!

すごく簡単にすると、SSLとは、
Webサーバー君とWebブラウザーさんの内緒話の方法のひとつ
という事です。
で、「今内緒話中ですよ~」という印が、上述の鍵マークと、「https://~」というURLなんですね。
SSL化サイトのURL表示欄にある鍵マークここ最近は、GoogleもYahoo!もそうだし、会社のサイトでも、また個人のブログでもこの鍵マークが付いてます!!だから気になり始めたんですね。

何故最近急に増えたのか??

じゃあ、なんでこんなに最近鍵マークの付いたサイトが増えたんだろう??

1.個人情報の漏洩に対し、消費者が敏感になってきた

これ、大きな理由のひとつだと思います。よくニュースで、どこどこの会社が顧客情報流出~みたいなのやってますよね。
観てる私達は、やっぱり怖いです。だから、情報漏洩を防ぐ為にSSLを導入したり、また「ウチはSSL導入してるから大丈夫ですよ」という安心感を消費者に与える為というのが大きいかと。
旦那に言わせると、ニュースとかでやってる個人情報の流出とかはまたちょっと違うようですが、そういうニュースで、敏感にはなりますもんね。

2.公衆無線LANが増え、通信を盗聴される事が増えた

技術がどんどん進化してきて、今はもうそこら中に無線LANがありますね。
でも、それは通信を傍受されるリスクも高くなってきているという事です。だから、盗聴されても大丈夫なように、暗号化した通信を行うという傾向が見えるわけですね。

3.Googleが推奨してる!!

これは私達消費者というより、サイトを公開したりする人たち側の理由ですが、天下のGoogleさんが、「HTTPSは、検索結果の順位決める基準として使うよ!」って言ったんですね。
だから、検索結果で上位に表示させたいサイトさんはこぞってSSLを導入している、という理由もあります。

なんでみんなSSLにしないの?

こういう理由でSSLを導入してるサイトが増えてるよ~と知ると、私は「導入する意味はわかった。じゃあ逆に、なんで導入しないサイトがあるの?んなモン、みんなSSLにしたらいいんじゃないの??」と旦那に質問しました。
これにも納得の理由がございます。

1.導入コストがかかる

SSLは、認証されたサーバーでしか行われません。だから、認証してもらうのにお金がかかるんですね。
運営者さんからしたら、今までかからなかったコストがかかるワケで、普通の社会人なら「費用対効果」というものを考えますよね。
それで、「いや、ウチはまだ導入はいいかな~」なんてサイトさんはあるようです。

2.負荷がかかる事で、表示が遅くなる

暗号化通信をするので、やっぱり普通の通信よりは速度が遅くなります。例えるなら、普通の会話よりひそひそ話の方が、聞き取れなくて聞き直したりって手間が発生して会話に時間がかかるというものですね。
なので、そうしてサイトが重くなる事を嫌って導入しないのもあると。

3.まだ完全に普及していなくて、運営者が知らない

もうだいぶ減ってるみたいですが、私のように今更SSLってなんだよって言ってる人がいるくらいだから、SSLを知らない、または一般のサイトにSSLを導入する必要性を知らないって方がまだまだいるようです。

以上の理由があり、いまだにすべてのサイトに導入されているワケではありませんが、確実にSSLを導入したサイトは増えてきております。

まとめ

SSLとは、インターネットを安全にする為の暗号化通信というもので、情報漏洩から私達を守ってくれる方法。
その通信を採用しているサイトは、鍵マークが付いて、URLが「https://~」で始まります。
今は技術の進化、ユーザーの意識の変化により情報保護の必要性が高くなっている事から、どんどんと普及してきており、コスト面や知識面からまだ導入していないサイトもあるけど、今後もどんどんSSLを導入したサイトは増え続け、近い将来https://~から始まるサイトの方が圧倒的に多くなるでしょう(旦那の個人的見解です)。

いかがでしたか?
簡潔に伝えたいと思って書きましたが、文章が下手なのかめっさ長いし( ;∀;)
誰かの役に立てれば幸いですm(__)m

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2017年6月18日Web全般

Posted by なる