新国立競技場、またやらかしてる件

2016年2月26日政治・経済, 時事ネタ

いろいろな問題が露呈してきた新国立競技場問題が、まぁたやらかしてる。

追加費用数十億らしいですね。

新たな問題のお話と、ついでに今までの問題を振り返ってみました。

新たな問題とは

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の観客席のいすを木製にするよう求める自民党決議の原案が24日、判明した。25日の東京五輪関連部会で取りまとめ、遠藤利明五輪相らに提言する。

政府は新国立競技場の建設にあたって積極的な木材利用を掲げるが、約6万8千席の観客席はプラスチック製いすとしている。このため、決議原案では「一般的なスタジアムと変わらない印象はぬぐえない」として、木製のいすにするよう求めた。

また、「観客が触れる部分に木材が使われなければ木材の印象が薄くなり、『日本らしさ』という点からも画竜点睛(がりょうてんせい)を欠く」とも指摘。ただ、木材を使うと建設費は数十億円増えるため、資金を捻出するために寄付を募り、いすの裏に名前を彫る案などが浮上している。

引用元:産経ニュース

 

要は、

1.日本らしさを出す競技場にするという目的の為、木材を使うデザインにしたよ。

2.でもお金ないから観客席の椅子はプラスチックね。

3.いやいや、客が触れる部分一番木にしないと意味ないでしょ~よ!

4.うし、じゃあ追加で数十億かかるから、寄付してもらお。

という事ですね。

 

バカなの?ねぇ、バカなの??

 

まず、日本らしさが木材ってなんなの?海外でも使ってるけど、なんでそこが日本らしさになるの??

まぁ100歩譲ってそうだとしよう。でも、予算超えてんでしょ?じゃあ数十億かかるような新たな案出すのやめんかね!?もし出したいならその前に、その数十億分削る案を出してからにしよ~よ~・・・

 

ほんと、なんなのこの人ら・・・

そのお金あったら保育園作ろうよ(-_-;)

https://anond.hatelabo.jp/20160215171759

 

 

新国立競技場とは

新国立競技場(しんこくりつきょうぎじょう)は、国立霞ヶ丘陸上競技場の全面建て直し工事によって建設される予定の競技場。東京都の新宿区と渋谷区にまたがる。2019年ラグビーワールドカップおよび、2020年東京オリンピック・東京パラリンピックのメイン会場となる予定である。

引用元:Wikipedia

2019年のラグビーワールドカップは、安倍総理が間に合わないよ~って言ってたので、オリンピックの会場って事ですね。

で、経済効果を生む為にと、国外への「日本すげ~なオイ」的な声欲しさに作る施設という事ですね。

 

 

今までの問題

まず始めに、他の国がオリンピックの会場として用意した競技場にかかった総工費を。

東京は、当初の予定の金額です。

 

開催年オリンピックメイン会場総工費
1996アトランタオリンピックスタジアム254億円
2000シドニースタジアム・オーストラリア660億円
2004アテネオリンピックスタジアム355億円
2008北京北京国家体育場513億円
2012ロンドンオリンピックスタジアム900億円
2016リオデジャネイロエスタジオ・ド・マラカナン550億円
2020東京新国立競技場1,300億円

 

で。

当初から、日本だけなんかやたらと高い予算だったんですね。

これもまず、問題ですよね。他がもっと抑えられてるのに、なんで東京はこんな高いんだよ!?と、いっぱいお金かけたらいっぱい収益増えるの??

否!!

だって、キャパはそんなに変わらないだろうし、オリンピックで動く人員自体はそんなに変わらないだろう。建物が良いから行こうっと♪とは、ならない。

 

はい、では、時系列で新国立競技場の歴史を見ていきましょう。

・2012年11月 デザイン決まる。ザハ・ハディド アーキテクトの変なドーム。

・2013年1月 費用決まる。1,300億円

・2013年10月 総工費が3,000億円かかる事が判明

・2014年5月 かかりすぎでしょーって事で1,625億円に抑える

・2015年6月 またも3,000億円かかるという事が判明

・2015年7月 2,520億円に見直し

・2015年7月 ザハデザイン白紙に(違約金20億円)

・2015年8月 総工費1,550億円にする

・2015年12月 デザイン決定 総工費1,490億円

・2016年2月 椅子を木にするので追加数十億案

 

いやいやいやいや・・・

ケタが違いすぎてもはや意味わかんない。

つーか、なんでこんな事になったの!?もう、どこを指摘して良いのかわからないくらい、色々間違ってますよね(-_-;)

きっとこの後、また膨らむんだと思います。

 

問題は、施工の見積ができる人間が幹部にいないからじゃないかと思います。

だって、何度も見積をはるか上回る金額出てきてますもんね。

もうちょっと、ちゃんとした人入れようよ。

で、結局誰が悪いのかもうやむやで終わってるし。

そのへん、ちゃんとしよーぜー日本。

 

 

まとめ

普通の企業は、例えば設備投資や広告宣伝やらする時、どれくらいのリターンが見込めるのか等試算します。

でも政府は、そんな頭ないのではないかな。

リターンなくても自分達は直接困らないからね。

だから、この施設にいくらかけるのが妥当か?をまず出す事すらできないんじゃないかなと。

費用捻出をどうするかを考える事はできるようですが、その前に費用かける必要性が本当にあるのかから考えて欲しいもんです。

 

企業だったら政治家みんなクビだな。

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2016年2月26日政治・経済, 時事ネタ

Posted by なる