【ホテル業の裏側!?】私が新入社員として働いていたときの話

2018年5月30日独り言

社会人になって初めて働いた業種は『ホテル業』でした。
当時を振り返りながらエピソードを綴っていこうと思います。

いきなりお客様をお出迎えするフロントに

普通、丁寧に新人研修を行なってから、はじめてお客様に接客をして良いものだと思っていたわたし。ですが、このホテルは違った!
基礎中の基礎はざっくり教えてもらいましたが、研修と呼べるようなものではなかった。。。(今思うと)
私が働いていたホテルでのチェックインは、お部屋までお荷物を運び、案内しながらお客様をお部屋までお連れするという流れでした。
これも同じく特別研修とかはなく、先輩が案内しているのを着いていって見て覚えるスタイル。出たとこ勝負のような感じで、数をこなして接客に慣れろという姿勢でした。
自分なりに知ってる敬語を使って、しどろもどろでお客様を案内しながら接客していましたw(結構良い料金するホテルなのに・・・)
でもいらっしゃるお客様は富裕層の方が多いのもあり、そんなしどろもどろの私でも怒ったりせず気さくに話してくれたり、聞いてくれたりしました。あまり怒られる機会は少なかったかも・・・?(あ、電話ですごく怒られたことはあるw

ベットメイキングもなんのその!

私の働いていたホテルは、部署にこだわらずフロント・客室清掃・レストランサービス・事務作業・・・となんでもやりましょう!というスタイルだったので、どの業務もある程度できました。

ベッドメイキングは、結構な力仕事。しかも難しい。シーツとお布団カバーをどれだけシワなく綺麗にセットできるかがポイント。
あと連泊するお客様のお部屋に日中お掃除に入るのですが、明らかにゴミであろう物でもゴミ箱に入っていない限り捨ててはいけない!という教えがありました。
綺麗にゴミを片付けてもらいたい場合は、必ずゴミ箱に入れておくようにした方が良いです。

レストランサービスは器用さも必要

次にレストランでサービスをしていた時のお話。私が何より苦手だったのが、ボトルワインの開け方!
何度練習しても上手く開けられなかった。ボトルワインをよく飲む方ならわかると思いますが、あのコルクめっちゃ開けづらくないですか?!;つД`)
何度コルクを途中で割ってしまったことか・・・。
良いワインオープナーをもらったけど、全然使いこなせず結局上達することはなかったわたし。不器用には難しいw

フレンチ料理を提供していたのですが、次のお料理を出すタイミングや、お皿の3枚持ちなどは出来るようになりましたよ!
お皿の3枚持ちを出来たらビュッフェとか行った時に便利w両手でお皿を1枚ずつ持って、残りの1枚は手首に乗せます!

事務作業での失敗談

社会人になって初めて複合機を使ったわたし。
ある日、お客様に電話で「○○番号にFAXを送って欲しい」と言われ、電話を切ったあとそそくさと複合機で言われた番号にFAXを送った。FAXは何度か送ったことがあったので操作方法は知ってた。
すると、複合機から「もしもし~?」っと声が聞こえるじゃありませんか!!
びっくりした私は咄嗟に、『も、もしもし!?』っと返事をしたら、周りにいた社員達爆笑!
上司から、「それは複合機だから話し掛けても聞こえないよ(半笑)」と言われました。。。
どうやらお客様が伝えてきた番号は、電話とFAXが一緒の番号らしく、一度受話器を取ってFAXとわかるとFAXに切り替えるようです。(説明わかりづらくてスミマセン。)それを知って恥ずかしいのなんの・・・。

斜め45度の綺麗なお辞儀して、もしもしって言ってたよ。( ̄∀ ̄)」ってしばらくネタにされてましたw

そんな失敗ありまくりの新社会人の思い出でした。他にも色々あったので機会があればまた書きます(;’∀’)

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2018年5月30日独り言

Posted by なる