ブックオフが虫の息?!店舗がぞくぞく閉店へ

2018年7月9日その他の話題

ブックオフがどんどんは無くなっているらしい。過去8年の間に閉店した店舗は300店舗あまりとの事。

ブックオフの思い出

ブックオフ・・・そういえば、むかーしは結構利用させてもらってたなぁ。
今も漫画を読むのは好きですが、昔はもーっと大好きで、しかも全部買って揃えたい派の私にとってはブックオフは万々歳。

でも正直店内のあの独特な雰囲気と本の匂いは苦手w触った感じもやだw
なんか古本ってヘンなにおいするよね(´∀`; )

しかし!全部買ってry・・・な私は、立ち読みとかはゆっくり読めないのでイーヤー。
基本好きな漫画は新品で買い揃えますが、新しく気になった漫画を新品で一から買うのはマネー的に厳しいので、そういう時はよくブックオフで買ってました。1冊100円とか200円だし。あとはまとめ売りみたいな感じでセット販売されてるやつもお得。
その他にもCD・DVD・ゲームなんかもあって色々楽しめる店内です。

なぜブックオフは衰退してしまったの?!

ここまで業績が悪化した理由としては、ブックオフに足を運ばなくても、新しめの本を手軽に買えるようになったから。
中でも、メルカリがブックオフの顧客を急速に奪ったのではないかと言われています。
何しろメルカリは、スマホで商品を撮影して簡単な説明を書くだけで出品は手軽。
出版から日数のたっていない新しめの本なら、すぐに売れます。

またメルカリだけでなく、Amazonでも古本の売買は盛んに行われています。手軽に本を購入できるし、データをダウンロードして本が読めるサービスもあり、収納スペースが不要なのも嬉しい。
ネット通販全盛の時代にあって、店舗運営を主体としたブックオフは、もはや古い業態になっているのは否めない。

さらに、業績が悪化した結果なのか、ブックオフでは人気のある本の販売価格を高めに設定するようになりました。
メルカリだとかAmazonで買うよりも割高感が出てしまったことで、余計に客離れが進んだのではないかと言われています。

今後どうしたらよいか

ブックオフが復活するにはメルカリ並みの値付けと、欲しい本が来店せずとも即入手できるシステムづくりが必要になりそう。
また思い切ってネットカフェのような形態にしてしまうのもアリかもしれません。

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2018年7月9日その他の話題

Posted by なる