読書好き必見!個人的おすすめ作品ベスト5

ランキング

今日は読書家(え?)の私が好きな作家さんのおすすめ作品ベスト5をご紹介するよ。

それは・・・貴志 祐介 さん

とにかく私はミステリー系が大好きなんだ。映画でもドラマでも本でも。
しかし!貴志さんの作品は、犯人を探さすようなミステリーな感じではなく、ホラーミステリーって感じなんだ!私は犯人探し系のミステリーが好きだけど、それでも私のツボにズボッとはめてくる作品ばかりなんだ!

貴志 祐介さんの作品との出会い

そう、あれは中学生の頃。
毎日朝の時間に読者タイムというものがあったんだ。(15分くらいだったかな?
多分この間に先生達は朝の職員会議をしているのだろう。)
んでその読者タイム用の本を、図書館に借りに行くんだけど、ある日仲良しの友達が表紙不気味な本を借りてたんだ。

な「ぷっ、なにそのつまんなそうな本!」

友「いやコレめっちゃ面白いしっ!!もう読み終わるから次借りて!絶対借りて!」

絶対面白くないしー( ´_ゝ`)
強がりだわー( ´_ゝ`)

って思ってたけど友達の気持ちを考えると無下にできず、しぶしぶ借りてみることに。

・・・読む。

・・・・・・読む。

な「ナニコレめっちゃおもしれーー!(゚∀゚)

そう。めちゃくちゃ面白い本だった。(表紙は不気味だったけど。)
なんだったら朝の読者タイム以外にも、家に帰って読んじゃったりしてたからね。

そのめちゃくちゃ面白い本が、貴志 祐介さんの「クリムゾンの迷宮」だったのです。
これが貴志さんに出会ったきっかけ。

本題:貴志 祐介さんの作品 個人的おすすめベスト5位!

5位 青の炎

これ映画化もしてる作品。
読んだあとめちゃくちゃせつなくなるやつ。

こんなにも切ない殺人者が、かつていただろうか。17才の少年が望んだもの。それは、平凡な家庭とありふれた愛。ただ、それだけだった。


これキャッチコピーだって。
もはやこのキャッチコピーにすべて集約されてる。
家族との平穏な生活を取り戻すため、元家族を殺す完全犯罪を計画する話。

王道のミステリーとは全く違うテイストだけど、びっくりするくらい泣ける本。
何十年前に読んだ作品だけど、未だに読み終わった後の感情を覚えてる。
貴志 祐介さんの代表作ともいえる作品ですね。

4位 新世界より

うん、これは完全にファンタジー作品。

1000年後の日本を舞台にしてて、人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けている設定。
全6章構成。物語は主人公の書いた手記という形で進行していく。内容的には、主人公たちが12歳・14歳・26歳の時期の3部に分けられてる!
文庫本を買って読んでたけど、上・中・下 と3巻もあった!それぐらいの長編作品。

んーーー。これを簡単に伝わるようにまとめるの難しいw
とにかく内容が結構理解するの難しいと思う。(え、私だけ?)

長編物好きな人は是非読んでみてとしか言えない。貴志さんを読み始めたばっかりの人は、この作品は後回しにした方がいい!
貴志さんにハマったら読んでって感じです。

3位 天使の囀り

これはちょっとグロい作品。グロというか気持ち悪い?感じ。想像するとヤバイ。

主人公はホスピスで働く女性。
優しすぎて患者に感情移入しすぎるきらいがあるけど真面目で聡明。
主人公には作家の恋人(A男)がいて、A男が雑誌の企画で訪れている南米から主人公へ送ったメールで物語がはじまる。


概要だけみてもナンノコッチャだと思いますが、読み出すと止まらないよ。
これも貴志さんにハマったら読んでって感じの作品。あ、虫系なので苦手な方は注意!(私は全世界の中で虫が一番嫌いだけど読めた。)

2位 黒い家

こえぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

これはまじで怖いやつ!!!!!!

幽霊なんか屁でもない、本物の人間が一番怖いよっていうのを何よりも感じられる作品。
まじ怖いよこれ。サイコパス系ホラー。

大手生命保険会社「昭和生命」の京都支社で保険金の査定業務を担当する主人公・若槻慎二は、保険加入者である菰田重徳からの呼び出しにより菰田家を訪問するが、そこで菰田家の子供(妻の連れ子)が首を吊った状態で死亡しているのを発見してしまう。


これだけでこえぇ。
とにかく一気読みしちゃうやつや。怖すぎてどんどんページめくっちゃう。
完全にホラー小説だけど、ホラー好きな人は絶対読んだ方がいい。手に汗にぎる作品。

1位 クリムゾンの迷宮

私本当これ大好き。なんか知らんけどめっちゃすきやねん。思い出補正?いや、本当に面白い!
この作品はなんの分類になるんだ?
サバイバル系??
とりあえずあらすじ・・・

主人公:藤木 は砂礫の上で目を覚ます。そこは地球上とは思えない、赤く枯れた荒野の大地だった。
藤木同様、なんらかの理由で社会からドロップアウトしたもの、脛に傷もつ者たちが集められ開催される「生きるか死ぬかのゼロサムゲーム」に知らぬ間に巻き込まれてしまった藤木。ヒントになるのはゲーム機と「火星の迷宮」というゲームブックだけ。
果たして藤木は「人ならぬもの」から逃げ、無事この「クリムゾンの迷宮」から生きて帰れるのか?


こんなあらすじひっぱってきた。
これだけで魅力が伝えられないんだけど、とにかく面白いよ(゚∀゚)
サバイバル系の小説だね。リアルなサバイバルゲームを主人公たちは体験してる感じ。
色んな登場人物出てきて面白いし、伏線具合も楽しい!
とにかくハラハラドキドキするから、これこそ一気読みしちゃう作品。
何回も読んでるのに、何回読んでもハラハラドキドキしちゃうw

エグくてグロい描写があるので、苦手な方はやめておいた方がいいけど(´・ω・`)

ほんとにほんとに面白いの!
ブログ書いてる内にまた読みたくなってきた。まだ読んでみたことない人はぜひっ!!!!!
貴志さんの作品をまだ読んだことない人は、クリムゾンの迷宮から読んでほしい!!

余談

あとはおすすめには載せてないけど、悪の教典は結構有名なんじゃないかな?
あれはあれで面白かった。お得意のサイコパス系のやつ。

以上、おすすめベスト5位でした。
興味持ったやつ読んでみてくださいねー!

中学の時に貴志さんを教えてくれた友達に感謝(*^ω^*)

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ランキング

Posted by なる