刑事ドラマの魅力を解説!個人的おすすめ刑事ドラマ ベスト3を発表

2018年8月14日映画・TV・ドラマ

昔のドラマの話。私は警察ドラマが好きです。というのもミステリー系が好きなので、必然と警察ものが好きになっちゃいました(*’▽’)

そこで!今日は個人的にだいすきな刑事ドラマをご紹介したいと思います♪
有名どころで皆んな観たことあるかもしれませんが、あんまり刑事ドラマに興味ないって人に知ってもらえたら嬉しいと思ったので、ランキング形式でご紹介していきます!

第3位 時効警察

オダギリジョーと麻生久美子が出演。

【概要】
時効(公訴時効)が成立した未解決事件を“趣味で”捜査する総武署時効管理課の警察官・霧山修一朗(オダギリジョー)の活躍を描くコメディミステリー。

これ観たことある人います?
深夜にやっていたドラマなので意外と知らない人も多いかなーと思っているのですが、めちゃくちゃ面白いんです(*≧∀≦*)

概要のとおり、主人公の霧山くん(オダギリジョー)は時効管理課に勤務しているのですが、趣味の一環として時効した事件を捜査するというお話。

これがシリアスな雰囲気じゃなくて完全にコメディー。ってか「脱力系コメディー」。
ゆる~い雰囲気です。それがまた面白い!話の最中にいくつもの小ボケを入れてくるので、楽しくみることができます。

このドラマをきっかけに、オダギリジョーと麻生久美子がだいすきになりました♪

あんまり刑事ドラマって感じではないですが、警察物ということでランクイン。
好評だったので、シリーズも2まであります!

第2位 踊る大捜査線

織田裕二と柳葉敏郎が出演。

【概要】
織田裕二演じる青島俊作巡査部長が主人公の刑事ドラマ。現実の警察組織と近い業務形態や実情を採用した作風となっており、警察機構を会社組織に置き換え、署内の権力争いや本店(=警視庁)と支店(=所轄署)の綱引きなどを、湾岸警察署を中心に描いている。
事件を追うのはもちろんだか、それ以外に警察の抱えるさまざまな内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題、官僚主義の問題、縦割り行政の問題、民事不介入の問題も大きなテーマとなっている。

踊る大捜査線は、もう有名すぎて説明することはないですねw
これぞザ・刑事ドラマって感じです。

ただし概要のとおり、今までの刑事ドラマは犯人逮捕までを追う描写が多く、また銃撃戦やカーチェイスといった派手な追跡劇や所轄警察署が広域事件・テロ事件を解決させるといったような過剰気味な描写が主流でしたが、踊る大捜査線は現実の警察組織と近い業務形態や実情を採用した作風なので、ド派手な演出はありません。しかしその現実味のある内容が面白い。

また出演者も豪華。
織田裕二はもちろん、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケサンタマリア、水野美紀、いかりや長介(故人)など豪華でした。
レギュラーメンバーだけでなく、その回ごとに登場する役者も豪華だったりします。

個人的に特におすすめの話は・・・

「第4話 少女の涙と刑事のプライド」

この話!なんか知らんけど涙でてくるw
織田裕二と仲間たちが、一番かっこいいと思う話です。
でも視聴率みたら、一番低かったw
すごい良い回ですけどね(´ー`)

映画も何本も出てますが、やっぱりドラマが面白い!テーマソングとか挿入歌も良いです。

第1位 古畑任三郎

田村正和と西村雅彦が出演。

【概要】
田村正和演じる警部補の古畑任三郎が、ゲスト俳優演じる犯人による殺人(一部殺人で無い案件もあり)を巧みな話術と卓越した推理力でアリバイやトリックを崩していき、完璧と思われていた犯行の真相を解明していく。
本作は、『刑事コロンボ』で知られる倒叙ものと言われる形式でストーリーが進行していく。これは、犯行の様子の全容をまず見せておき、刑事の古畑任三郎が真犯人とのやりとりから容疑を固め、最後に自供に追い込むというパターンである。

また、犯人は(ストーリーの中の世界で)有名人や社会的地位の高い人物が多いのも「コロンボ」と同様で、ゲストには人気俳優が登場していた。日本の刑事ドラマでは珍しく、被害者役にも(本放送時点で)知名度の高い俳優やタレントが起用されることが多い。

こちらも有名すぎる作品なのでみたことないっていう人は少ないかもしれませんが、古畑任三郎大好きすぎる(*≧∀≦*)
何十回と観たと思いますw

概要のとおり古畑任三郎は犯人が誰か当てるのではなく、まず犯人の犯行現場をみるところから始まります。(例外もありますが。)
それを古畑任三郎が徐々に推理していって犯人を当てるって感じ。
観てる側は犯人がわかっているのですが、わかっていても面白い!
どうやって犯人までたどり着くんだろう?っていうワクワク感が魅力。

シリアスな雰囲気もありますが、ギャグ要素もちょこちょこ散りばめられていて楽しくみれます。
どの話がおすすめかなーっと考えましたが、ほとんどどれもこれも面白いです!

「えー。なんか名前が古臭いし、昔のドラマでしょー?」って思って観ていない方もいるかもしれませんが、本当に古畑任三郎はおすすめです!
あの三谷幸喜さんが脚本を書いているので間違いありませんよぉぉぉ!

シーズン3まであり、スペシャルドラマなどもやっています。

小話。
有名なイチローも「イチロー本人」として犯人役で出演しています。
あの堅物イチローが出演したことにびっくりしましたが、理由としてはイチローは『古畑』の大ファンで奥様と共に古畑の1シーンをよく再現していたくらいのファン。
そこでオファーがきて承諾→出演となったそうです。棒読み感は凄くありましたが、撮影2時間前にあらわれNGもなかったことから「役者の鑑」と称賛されたらしいです。さすがストイックなイチローらしいですw

以上、3作品のご紹介でした。

あ!!!
忘れていましたが、「金田一少年の事件簿(堂本剛主演)」が一番かも!!!!!あれも刑事ドラマですもんね。忘れてたw
金田一少年の事件簿は・・・殿堂入りということでw
今度金田一少年の事件簿のおすすめ回をご紹介しようと思います。

長期休みに入っている方も多いと思いますが、これを機に刑事ドラマを楽しんでみてください♪

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2018年8月14日映画・TV・ドラマ

Posted by なる