新ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」 第6話【感想・評価】

映画・TV・ドラマ

『ゼロ 一獲千金ゲーム』第6話をみました。

第3話までは欠かさず観ていたのですが、第4話・第5話と見逃してしまいました_(:3」z)_
ショック・・・。

しかし!気を取り直して、8月19日に放送された第6話は観たので、ネタバレ感想を書いていきたいと思います。

第3話のネタバレ感想はこちら

※以下、ネタバレと感想






ゼロ 一獲千金ゲーム 第6話あらすじ

ようやくリングを1つ手にしたゼロ(加藤シゲアキ)は、標(佐藤龍我)から2人で在全(梅沢富美男)を倒そうと誘われる。
しかし、守るべき仲間がいるゼロにとって、それは受けられない提案だった。

「ようこそ『ザ・アンカー』へ!」台の上に寝かされたゼロ達の前にMCの小太郎(手越祐也)が現れた。
これは鉄の塊、アンカー(錨)の鋭い刃が顔の真上で振り子のように行き来する過酷なゲーム。アルファベットのパネルから問題を選び、3人の挑戦者が順に解答、不正解が続けばアンカーが徐々に下がり…「アンカーが頭に直撃!どか~ん!」
そのゲームの進行役に峰子(小池栄子)が送り込んだのが友情や人の絆を憎悪するサディストの小太郎。

振り子の位置を決める問題にヒロシ(岡山天音)が間違える。
「ざんね~ん!アンカーdownポイント執行!」ギギギ…鋭い刃が下がってきてゼロ達の頭上すれすれをかすめる。
「友情なんか簡単に壊れるところを見せてあげるよ。ひゃははは!」
小太郎が喜ぶ中、ゼロはパネルに隠されたとある法則に気づくが…。

出典:公式サイト

キャスト

宇海零・・・加藤シゲアキ
末崎セイギ・・・間宮祥太朗
氷川ユウキ・・・小関裕太
真鍋チカラ・・・加藤諒
佐島ヒロシ・・・岡山天音
早乙女スナオ・・・杉野遥亮
末崎さくら・・・ケンドーコバヤシ
在全無量・・・梅沢冨美男
後藤峰子・・・小池栄子
標(しるべ)・・・佐藤龍我
城山小太郎・・・手越祐也

ネタバレ感想

ゼロが次に選んだゲームは、「ジ・アンカー

ゼロの役に立ちたいというヒロシと、真意は不明なユウキが共に参加。
台の上に寝かされるゼロ達。そこで現れたのはMC小太郎。

ようこそ!ジ・アンカーへ!これは仲間同士の絆を壊すゲームだよ!

ゼロ達の上に現れたのは鉄の30キロもある特別製の錨「ジ・アンカー君」
この鋭い刃がゼロ達の頭上を行き来している間にパネルから選択した問題を答え、不正解が続けばアンカー(錨)が下がるというゲーム。

横たわっている3人の頭上に、常に錨がブーラブーラ。

いや、これ絶対クイズに集中できねぇぇぇΣ(゚Д゚)

ずーと頭上に揺らめいてるんだもん。これ万が一整備不良で錨が途中で落ちてきたらどうすんの。
と思いつつ、まず1問目にヒロシが好きなパネルを選び答える。

都道府県の面積が一番小さい県を答える問題だった。ヒロシ、予想通り不正解する。

おいヒロシ!香川県やん!簡単やん!!

downポイントが増える。
そして第二問ゼロ正解。第三問ユウキ正解。

しかし、正解しても不正解でもアンカーが上下していないことに疑問を感じるゼロ。

クイズの回答は二巡目に進みます。ヒロシがパネルを選ぶ。

ついに来たねアンカーパネル」という小太郎。

もう一つ大事なルールがあったのです。アンカー問題で正解すれば、今まで正解して貯まったupポイント分アンカー上昇。
しかしアンカー問題で不正解すれば、今まで不正解して貯まったdownポイント分アンカーは下がってしまう。

つまりアンカー問題で間違えれば、全部パー。などという非道な後出しルール。

アンカー問題が鍵なのです!!!

まあ想像通りヒロシ間違えるよね~(´_ゝ`)

アンカー問題は合計6つ。一つ終わったので、残り5つ。

ゲームをクリアするには、アンカーの位置が最初より上にあればリング3つゲット。
仮に下でも生き残っていれば、リング一つゲット。死ななければOKみたいです。

頭が良いゼロは、アンカー問題だけ正解すれば良いんだ!と気づく。
そしてアンカー問題が隠されているパネルの場所も推測。

「ANCHOR」がアンカー問題のパネルだと見破るゼロ。つまりA・N・C・H・O・Rのアルファベットのパネル。
(AとNがアンカー問題だと分かったことで推理。)

その後また一巡。ゼロは正解し、ユウキは不正解。
またヒロシの順番に戻る。そこでまたヒロシがアンカー問題のパネル「R」を選ぼうとしてしまう。

ゼロはヒロシがアルファベットを言おうとする前に、必死にヒロシを罵倒してRを選ばさないようにします。

めちゃくちゃ罵倒してたよwそんな言う?っていうくらいw

しかしそんなゼロの様子をみて、まだアンカー問題の隠されているパネルのことは理解していないけど、Rは選んではいけないのだと気が付くヒロシ。無地通常問題のパネルを選ぶ。まあ不正解だったけどw

いい加減正解答えろやヒロシ(´_ゝ`)

次はゼロかと思いきや、さっきゼロが答えた為(ヒロシの順番の時に交代した)次はユウキ。

ユウキ、アホなのかわざとなのかわからないけど、先ほどヒロシが選ぼうとしたRを選びアンカー問題になってしまう。

こいつ絶対わざとだろ(´_ゝ`)

アンカー問題は、「MC小太郎のフルネームを答えろ」という問題。

そういえば最初に長ったらしい名前を言っていました。

ユウキ、覚えているはずもなく不正解。

ちなみに正解は、「小太郎ヒルマウンテンウィリアムスハリソンジャガーサタケジェームス城山」でした。

なんじゃこの有名人の名前寄せ集めましたみたいな名前!

この不正解で、アンカーはゼロ達の顔面ギリギリまでやってきちゃいます。ここで第6話終了。

果たしてゼロ達の運命は・・・!?第7話につづく。

こんな感じでした。とりあえずNEWS率高くね?
手越くんが手越くんのままでした。子猫ちゃんとか普通に言ってたし。手越くんそのままやん。

あとヒロシ良いやつなんだろうけど、なんかムカつくわ~w

次回も乞うご期待☆

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

映画・TV・ドラマ

Posted by なる