新ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」 第8話【感想・評価】

映画・TV・ドラマ

『ゼロ 一獲千金ゲーム』第8話のあらすじ・感想ブログです。
第7話のネタバレ感想はこちら
※以下、ネタバレと感想






ゼロ 一獲千金ゲーム 第8話あらすじ

ゼロ(加藤シゲアキ)のリングは2つになった。あと2つ…。
そんな時、ゼロについて行けば確実にリングが獲れるからと、末崎(ケンドーコバヤシ)が、21人参加のゲーム「魔女の館」の挑戦者を勝手に集めてしまった。そんな他人任せの挑戦者達にゼロは不安を覚える。

「ケケケケケ…ようこそ魔女の館へ」
兵士が壁に描かれた部屋。その中央に立つ魔女像が、耳障りな高笑いと共に、峰子(小池栄子)の声で話し出す。
「捕らわれの21人が、生きて出る方法はただひとつ。この部屋にかけられた魔女の呪いを解くこと」
そのためには部屋に隠された「見えない数字」を解く必要があった。
数式の計算には全員の協力が必要。しかしついて行けない挑戦者はゼロを信用できずに反乱を起こす。

「うわあああ!」突然壁から無数の槍が飛び出し、ひとりの挑戦者の腹を刺した。時間内に正解しなければ、全員串刺し。槍の壁がじわじわと接近する中、間一髪でゼロが答えを送信するが…。「馬鹿な!?」目に飛び込んできたのは『不正解』の文字。

「騙された!」「リーダー失格!」暴徒化した挑戦者が一斉にゼロを攻撃し始める。

キャスト

宇海零・・・加藤シゲアキ
末崎セイギ・・・間宮祥太朗
氷川ユウキ・・・小関裕太
真鍋チカラ・・・加藤諒
佐島ヒロシ・・・岡山天音
早乙女スナオ・・・杉野遥亮
末崎さくら・・・ケンドーコバヤシ
在全無量・・・梅沢冨美男
後藤峰子・・・小池栄子
標(しるべ)・・・佐藤龍我

ネタバレ感想

末崎は、ゼロをエサに魔女の館への参加を募っていました。ゼロに乗っかりたいという21人で魔女の館へ挑戦することに。

参加者たちのぬるい空気を感じ、不安を覚えるゼロ。館に入る前に「何があっても俺に従ってもらう」と皆の前でゼロは宣言。
館に入っていく面々。しかし末崎ともう一人は中に入れず・・・。
何故21人オーバー?おばけを疑う末崎。

館の部屋には、筆記用具、兵隊が描かれた壁。笑い出す魔女の像。

「ようこそ魔女の館へ。ルールは魔女の呪いを解くこと。ではスタートよ!」という峰子の声が聞こえ、25分の制限時間が刻まれます。

魔女の像からは謎の紙。

『チャンスは2回。100分の2。魔女の魔法を解くには見えない数字を解読する必要があり』

壁の兵隊の頭には数字が書かれており、9番目と10番目の数字がカギ。
見えない数字2桁を解読することで、魔女の館は攻略できるようです。

ちなみに末崎の代わりに侵入していたのはセイギとユウキでした。

「壁に書かれている数字はフェイク。見えない数字はいくらでもある。」
筆記用具を持ち、参加者に協力して欲しいというゼロ。

今回も難しそう(・∀・)
ってか物語とは関係ないですが、いつまで経っても加藤くん、棒読み感ありませんか?!wそこ気になっちゃう。

壁に手を広げ、皆んなを横一列に並ばせた事で、この部屋が正方形で一辺が√2であることにゼロは気付きます。

壁の兵隊の数字は、語呂合わせだというセイギ。
√2は「1.4142135642」21以降の数字を語呂合わせで読むと『皆殺しに』
そんな中突然槍が壁から出てきて刺される一人の男。皆んなが恐怖に感じる。
槍は徐々に部屋の内部に伸びてきて、残り時間は16分。

√2の小数点の9番目と10番目が間違っている。正しい数字が答えだ!と見抜くゼロ。
皆んなで数式を用いて、数字を導き出すよう提案。数式を解き、9番目の数字「2」を導き出すゼロ。必死に計算を進め、10番目の数字を「3」と導き出し、俺たちの答えは『23』だと数字を打ち込みます!

しかし・・・まさかのOUT

「ありえない、ありえない・・・」と慌てるゼロ。騙された!リーダー失格!と他の参加者たちに責められます。

うぜぇ(・∀・)
こういう何にも知恵ださず、失敗したらワーワー騒いで人のせいにする輩達が一番ムカつくぜ!

不正解を土下座して詫びるゼロ。

偉いのぉ(T-T)
逆ギレしてもおかしくない場面なのに。

正解は語呂合わせで「39」(見ごろさナイン)だと主張する参加者。

結構無理あるw

皆んなが暴れ出す中、ゼロの前に現れ頬を叩くユウキ。「何ぼんやりしてるの?解くんだよ死に物狂いで!」ゼロに喝を入れます。

セイギは皆んなが39を入力しないよう、抑えつけます。

ゼロは落ち着きを取り戻し、残り1分のところで魔女からの手紙に鏡文字で暗号が隠されてる事を発見。

「10番目の右の死者の誤入がかぎ」

死者の誤入?→四捨五入!

えー。めっちゃダジャレ風( ´Д`)

「11桁目を繰り上げる。すなわち答えは24、語呂合わせで不死(ふし)だ!!!」

ギリギリに正解にたどり着くゼロ。

そして魔女の銅像が突然壊れ、終わり?と思いきや、暗くなる部屋。壁の穴から矢が見えます。そして魔女の声が響き渡る。

「これから秒読みよ。3分後に四方から矢の雨が。まだまだ皆さんには死んでもらいます。この2つの数字、21と24にはちょっとした関係がある。それが自ずと生き残りのカギね」

魔女の銅像の鉄板で矢を防ごうとするチカラをみて、その手があったかと閃くゼロ。

生き残りのカギね→生き残りの垣根

「生き残りの垣根を作るんです!」

皆んなで急いで鉄板で垣根を作り、中でしゃがみこむゼロ達。
しかし一人槍で負傷した男が取り残されてしまっていることに気がつくゼロ。

いや、負傷者ずっとそのまま放置されてたんかーい(・∀・)
まあ治療できる施設も道具もないけどさ・・・。

見過ごせずに、垣根を飛び越え救出に。しかし負傷者かなりのぽっちゃり。一人では助けることが難しい。

そこに・・・

「生きるか死ぬかって時にアホなやつだな」とセイギが手を貸します!!!

そして板を取り外すユウキ。そこから中に入り制限時間ギリギリで皆んなが中に入りしゃがみ込みます。

矢が四方八方から放たれるも、避けることに成功!ミナゴロシの魔女クリアで、それぞれリングを一個ゲット!

セイギとユウキ、良い奴になってきてるぅ。・゜・(ノД`)・゜・。

21人を何とか助けられて、さすがに今回は気が抜けてしまったゼロ。
これでリングの数は標に並んだと思った矢先、サイレンが鳴ります。

峰子「たった今4つ目のリングを獲得したものが現れた。その者の名は・・・」

在全の部屋でリングを受け取っていたのは・・・「見事だ・・・標!」

標くん早いよ標くん。
ここで第8話はおわり。次回はゼロ対標くんって感じの予告でした。

今回そんなに面白くなかったw
正解がダジャレっぽいし、もっとハラハラするゲームが良い(・∀・)
次回に期待します♪

ランキングに参加しています!

お気に入り頂けましたらクリックしてもらえると嬉しいです!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

映画・TV・ドラマ

Posted by なる